■  足裏デトックス



「足裏健康法」という言葉を聞いたことがあると思いますが、実は、足の裏は、「第二の心臓」と呼ばれるほど健康に大きくかかわっています。漢方では、足の裏のツボを適度に刺激を加えることで病気の予防や治療を行います。足裏健康法の一つに、青竹踏みが一時期流行したことがあります。青竹を両足で踏んで、足裏を刺激して疲れをとり、体の血行を良くするという健康法です。いつでもどこでも簡単にできる方法で、台所で炊事をしながらでも、青竹踏みができます。

足裏デトックスでは、足湯がオススメです。最近は、温泉で足湯を取り入れているところが増えてきました。大分県のJR由布院駅では、駅の構内で足湯ができます。湯布院と言えば海外からの観光客も多く、温泉が多い町として知られています。家庭用のフットバスの健康器具も販売されています。スイッチオンで、泡がはじけて、その刺激で足の疲れがとれて、むくみが解消されます。フットバスの器具がなくても、足が入るぐらいの大きさの洗面器にお湯を張って、自然塩をひとつまみ入れておくと、さらにデトックス効果が期待できます。15 〜 20分ぐらい足をつけておくだけで、冷え・むくみの解消になり、血液循環が高まります。とくに、冬の寒い時期にオススメです。昔から、「頭寒足熱」とよく言われていますが、足先を温めることで血液の流れがスムーズになり、さらにはリンパ液の流れもよくなり、体内の毒素がスムーズに排出されるようになります。

>> 人気のデトックス用のお茶ランキングを見てみる
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 効果について@
★ 宿便との関係
★ 足裏デトックス
★ オススメのお茶